【1890万件】山形安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

山形で家財引越しの料金相場や激安方法

2.png元運送業界の管理人が語る!

大きな家具家電等家財道具にかかる相場価格を確かめたいとき、どの方法をやったらいいのかご存知でしょうか。

引越しまでの余裕が少ないケースや、自力で行う交渉や問い合わせが不得意な方に良いやり方をお教えしましょう。

それは何かというと、ネットの一括見積もりサイトを通して複数社に見積りを出してもらう、ただそれだけです。
これだけで、一度だけの申し込みで複数の会社から見積もりを取ることが可能となります。
見積金額が出揃って来たら、同一の家財でも、業者によって価格が違うことにびっくりするかもしれません。なので、一度に見積を取り寄せるというのがどの会社にするか選択する前に必ずやるべきことです。

ベッドやタンス、家電製品などの家財の引越しをする場合、チェックすべきはクロネコヤマトの家財宅急便です。
クロネコヤマトのグループ会社であるヤマトホームコンビニエンスという会社です。ここは引越し会社です。
何が違うかと言うと、普通の宅急便は部屋からの搬出、搬入作業もしてくれないので価格は下がります。しかし、ヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便の方はきちんと部屋から搬出も行うなど、「引っ越し会社」なので対応してくれます。宅急便より金額は高くなります。

2015-11-30_193203.png

他にサカイ等の会社と金額を交渉するなら、このヤマトの家財宅急便の料金表を基準にして値引きできるか聞いてみましょう。
もちろん、業者内での忙しさなどにより、ヤマトより安めの業者を発見する場合もあるでしょう。

そんな時、最も安い料金を調査するなら、一括見積もりがおすすめです。
一件ずつ電話をする手間がかかりません。いくつかの項目を入力すれば、すぐに値段を知れますよ。

同じく大手である佐川急便が実施する大型家具・家電設置輸送サービスというものもありますが、こちらは個人では利用できません。

日本郵便局のゆうパックだと、3辺の取り扱いサイズが合計170㎝以内になり、ほとんどの家財は利用できないでしょう。

家財の引越しで損をしない方法


前述したとおり、家財引越しで得をするためには、一社ではなく複数社から概算を出してもらうことが大事です。
「聞いたことがある引越し業者だからここに申し込もう」なんていうことで、他社の見積もりを取って比較しないと、料金は1社で決定することに。思いの外損している可能性もあります。

しかし、複数の業者に直接見積請求をするのはなかなか大変です。ということで試してほしいのが、このような一括見積もりサイトからの見積依頼方法なのです。

家財引越しをする時の相場価格や激安方法を知りたい場合、一括の見積もりサイトを利用するべしとお伝えしました。具体的にどうしてお勧めなのかをお伝えしたいと思います。

1.電話などで見積もりを取り寄せるより、一括見積りサイトを経由したほうが値引き額が大きい
2.サイトを利用すれば1回だけの入力作業で最大10社に一括で請求できるので簡単

「一気に安くなる」ですが、引越し業者側の「ライバルに向けた対抗意識」を燃やしてもらい、価格競争をしてもらう、という方法です。
こちらから業者に交渉をしなくても、「一括見積もりサイト利用」、つまり「他社と価格を見比べる」という前提のもとの見積依頼なので、あちらも最初からライバルたちの価格を意識し、料金を下げた見積りを出してくる可能性が大きい、というわけなんです。

この方法だと、話し合いが苦手な方や、投げやりになってつい「ここに決めちゃおう」なんてなりがちな方にも簡単に格安料金にできるでしょう。

ただし、この方法で大きな料金値下げを出来るのは、オフシーズンという時期がほとんどで、引っ越し業界が混雑する時期だと大幅に安くはならない可能性も。

少しでも多く引越受注したい!という状態の会社なら、思い切って大きく値下げした見積書を出すことも考えられるので、どんどん複数社の見積依頼をして、見比べてみるのがオススメです。そうして集まった見積書に目を通せば、相場の価格も分かるでしょう。

最も安い業者を選んでも良し、相場より大きく割高ではない会社の中で、口コミでも上々の会社を選ぶのも一つの手です。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?

「引っ越し」というと大きな家具家電、大量の段ボールと山のような荷物をイメージする人も多いのではないでしょうか。けれど、洗濯機やタンス1点だけ運搬してほしいという方が多くなっています。
昔なら大家族が基本で女性だけでは移動が厳しい家財道具を何人かで取り掛かったりしていましたが、今は単身世帯が増えているからです。
業者の立場から見ても大事な収益の一つなので、嫌な顔せず1つだけでも引き受けてくれます。
 

もし家財を処分する時の料金はどの程度でしょうか?

大きな家財を捨てるには料金の支払いが必要です。各市区町村で料金は変わりますが、3千円弱かかるようです。
問題点は、重たい家財を玄関先に移動する事をしなければならない点です。実はこれも引っ越し業者が搬出するのをやってくれます。
 

引越し荷物の一時預かりについて

torawkku.jpg

引越し業の世界に携わっていない方はあまりご存知ない場合もありますが、リフォームなんかで一度家の荷物を全くない状態にするとき一時お預かりを様々な引越し業者で行っています。
おおよそ1か月あたり4トンほどの荷物で4万円あたりが相場になっています。4トンの荷物の量は3,4人家族の料になります。
価格は各社で大きく異なるので各社に問い合わせる方がいいでしょう。

家財引越しに当たり、日通においても家財1点の引越しに対応してくれます。
価格を確認して都度提示されます。一番安いとも言えないので、確認しないとわかりません。

我が家の家財の量を考えようと思っても、たくさんあるため忘れてしまいがちです。

夫婦のベッドや大きなマット、60型以上の大型テレビなど、大型サイズの家財引っ越し作業も専門業者のスタッフが対応しています。
上記はかなり上級者の作業員でなければ故障や破損などになります。実績のある大手に頼むのが安心です。

wall-416060_1280.jpg

故障が発生しても標準規定にもとづき保証を受ける対象になるので安心です。
スムーズに進むのが基本の引越しですが、万が一のとき保証のことでもめてしまうこともあります。
安全・円滑を最重視しましょう。
kobetete.png