【1890万件】山形安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

山形で小学校の転校手続きについて

2.png引越しをすることが決まった場合、お子さんがいれば転校するための手続きが必要となることが多いですよね。

転校の手続きは、あちらこちらへ出向かなければならないうえ、必要な書類も多く分からないことも多々あると思います。
急遽決まった引越しの場合、住所の詳細が分からないケースもあると思いますが、ポイントをチェックしておけば楽に転校手続きをとる事が可能です。

当サイトでは、過去自分の子どもを転校させた経験のある私が、わかりやすく手続きに関する注意点をご紹介します。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.個人的な事情で、転校先の新しい住所がまだ決められません。転校手続きは進めることが可能でしょうか。

A.転校・転居は仕方なくするケースもありますので、特別に許可されるケースがあります。例としては、家庭での暴力やストーカーに悩み住まいを変えたいが、まだ固定の住所を決定できない場合です。特例が認められているので、安心して相談してください。
そして、特認校という小規模校があります。離れた住まいから通ってもいい体制となっています。

Q.小学校の転校手続きをする場合、新旧の学校や教育委員会に娘も一緒に連れていったほうがいいでしょうか。

A.転校前の学校は保護者のみでやり取りをして、必要書類の記入等した方がいいでしょう。どの時期に、転校するということをクラスメイトに伝えるかなど、担任と相談が必要になり、かえって子供がいると相談しづらいこともあります。
逆に新しい学校では先生側も子ども側も、双方どんな人か気になりますので、連れていくのが良いです。ただ、何か話しておくことがあれば先生に相談し別席で会いましょう。

山形の教育委員会
住所:山形県山形市旅篭町二丁目3番25号
電話:023-641-1212(代表)
 

Q.公立→私立の小学校へ転校OKですか?

A.できますが、一般的に私学の方がカリキュラムが早く進むことがあります。就学後にきちんと学習のフォローは必須と言えます。


急を要する際は仕方がありませんが、特に市外区外への転校は、転校手続きに数日必要になる事と思います。そして母親も父親も働いている場合、役所や小学校への書類のやり取りなど平日にはできなくて、「続きは一週間後に…」ということもあり、思うように進まないこともあります。

新居にうつる一週間前には転出申請をし、引っ越し後は14日のうちに転入届、そのタイミングで小学校への手続きも行わなければいけません…!

必要な用品をチェックして買ったり、時間がかなりあっても足りない!という状況になりそうなので、できることならば、極力小学校の夏休みなどのタイミングで引っ越すのが一番でしょうね。

夏休みと春休み、冬休み中にゆとりを持って手続きをしながらお子さんの状態をよく見て、フォローをしていく事が大切だと思いますよ。
kobetete.png